出来るなら家賃や礼金などは安く抑えたいものです。交渉の仕方次第で大きく変わる事があるので、ぜひ覚えておきましょう。

お気に入りの家に住めるという幸せ
SITE NAVI
お気に入りの家に住めるという幸せ

裏ワザを知っておこう

出来ることなら、賃貸住宅に住む際には家賃を安く済ませたいですよね。
というのも、家賃というのは当たり前のごとく、毎月の支払いをする事によって、その家に住む事が出来るのです。
月々の家賃はそれほど高くないとは言っても、やはりそれが積み重なると大きな金額になるでしょう。
だから、少しでもその負担が軽くなれば良いなと思う人も多いはずです。
果たして、そのような家賃を安くする方法などあるのでしょうか。
ここで、賃貸住宅における裏ワザについて紹介したいと思います。
もう「家賃は○円」と決まっている物件に関しては、なかなか高度な交渉術が必要になりますが、交渉の仕方次第で、家賃が安くなる可能性は多いにあります。
例えば、賃貸契約は基本2年間ですが、合計金額が安くなる物件を選びましょう。
それによって、家賃を値切るか、礼金を値切るかといった交渉の仕方も変わって来ます。
次に、予算を伝えておき、その予算より少し高めの物件を選ぶ方法もあります。
不動産会社としては、0よりも1の方が当然売上に繋がるので、少しの値切りになら応じてくれる可能性があります。
自分が住みたいと思う物件の条件を把握しておき、周りの物件と比べて家賃などが高い場合は、それを理由に交渉するのも一つの手です。
一つ悪い条件があれば、それを理由に交渉すると、応じてくれる確率が高くなるでしょう。
空室期間が長い物件は、大きく狙い目です。
物件の入居者数を聞く事を忘れずに。
家賃ではなく、礼金にターゲットを絞るのも良いでしょう。
大家さんにとっても、礼金は最初にもらえるだけのお金で、しかも数万円の話なので、リスクが少ないと考えるようです。
借りる方にとっては初期費用を大きく削減できるので、これが安くなればだいぶ嬉しいですよね。
色々と交渉の方法はありますが、大事なのは、不動産会社や大家さんとの関係を悪くしない事です。
今後住み続けるためには、双方が気持ちの良いようにしたいものですね。