賃貸住宅に住むためには色々な費用が必要となります。業者や大家さんに支払うお金のほか、快適に暮らすための準備資金なども必要です。

お気に入りの家に住めるという幸せ
SITE NAVI
お気に入りの家に住めるという幸せ

必要とされる費用

今まで賃貸住宅に住んでいた人も、これから賃貸住宅に住む人も、やはり気になるのは費用面ではないでしょうか。
まだ賃貸住宅に住んだことがない人は、「必要なのは家賃だけ」と思っている人もいるかもしれませんね。
しかし、賃貸住宅に住むためには色々と費用がかかるので、それらをしっかりと把握しておくことが大切です。
では、賃貸住宅に住むにあたって必要な費用とはどのようなものなのでしょうか。
まず、申込みをした際に修繕費用や家賃滞納などに当てる目的で預けるお金として、敷金が必要です。
一般的には、家賃2ヶ月分ですが、地域や物件によってそれらは異なります。
退去時に精算されます。
次に礼金です。
礼金は敷金とは違い、お礼の意味合いで渡すものなので、最終的には返って来ません。
こちらも一般的には家賃二か月分となっています。
仲介手数料というものもあり、こちらは不動産会社に払うお金です。
だから、大家さんから直接家を借りた場合などは仲介手数料を払う必要はありません。
こちらは家賃1ヶ月分です。
前家賃は、入居した月の家賃のことで、月の途中からの入居ならば、日割り計算されます。
賃貸住宅に入居するなら、火災保険も必要だと思います。
火災や水のトラブル、盗難や事故など、あらゆるアクシデントに備えて、入居者の加入が絶対となっている場合が多いです。
こちらは2万円前後だと考えて良いでしょう。
あとは、鍵の交換費です。
以前の入居者が使っていた鍵を新しくするための費用です。
防犯のためには、2万円前後かかっても交換する事をおすすめします。
大家さんや不動産会社、業者に支払う費用は大体こんなものですが、その他にも当然費用は必要になります。
引越しをするためには、引越し費用がかかるし、家具や家電を揃えるお金も必要です。
エアコンが付いていなかったり、ネットが繋がっていない場合もあるので、必要なら取り付け費用もいるでしょう。
新しい家に住むには色々とお金がかかりますが、やはり家が変わると気持ちが良いものだと思います。