子供がいたり、家族が多かったりすると、断然マンションよりも一戸建ての方が住環境は良いと思います。

お気に入りの家に住めるという幸せ
SITE NAVI
お気に入りの家に住めるという幸せ

一戸建ての住宅

家族が多かったり、広々とした家に住みたいと思っている人の多くは、一戸建てに住むのではないでしょうか。
賃貸住宅にも当然一戸建てという種類がありますが、一戸建てにもメリットとデメリットがあります。
一戸建てに住みたいと思っている人は、まず一戸建てに住むメリットとデメリットを把握しておくようにしましょう。
賃貸住宅の一戸建ては、普通に一戸建てを購入するよりかは断然安く住む事が出来ます。
マンションタイプの賃貸住宅と同じように、毎月賃料を支払う事で、その家に住む事が出来るのですが、やはりワンフロアであるマンションと比べると、一戸建ての方が、賃料が割高になっている傾向にあると思います。
しかし、子供がいたり、家族が多かったりすると、どうしてもマンションタイプの家だと一人一部屋なんてもっての他だと思います。
多くのマンションの場合、リビングと、一部屋、ないしは二部屋といった部屋構成になっている場合が多いので、子供が数人いたりすると、必然的に一人一部屋という条件にかなわない場合が多いのです。
しかし、一軒家となると、一つの家に対して、2〜4部屋くらいある事も多く、子供が数人いても、また二世代で暮らしていたとしても部屋数に困る事は少ないと思います。
また、マンションだと、隣や上下の部屋の人の事を気にして生活しなければいけません。
一軒家は当然ながら隣の家と分離しているので、そういった心配もありません。
良いところが多く感じる一軒家ですが、逆に悪いところとはどういったところでしょうか。
もし借りる家に庭があった場合ですが、お庭の手入れが大変という事が挙げられます。
また、マンションに比べて広いという点から、掃除や管理が大変というのも一軒家のデメリットです。
また、マンションに比べて防犯面も気にしなくてはいけません。
防犯対策として、警備会社と契約をするのもおすすめです。
このように、メリットもデメリットもありますが、自分の希望条件に合っているのなら、一戸建てがおすすめです。