不動産会社が扱っている物件には4つの種類があります。収益面から考えて、借りてほしいと思っている物件には順番があるのです。

お気に入りの家に住めるという幸せ
SITE NAVI
お気に入りの家に住めるという幸せ

賃貸住宅の種類

色々なタイプの賃貸住宅がありますが、家庭、または人によってどんな家に住みたいかという希望は異なると思います。
例えば、マンションに住みたいという人もいると思うし、一軒家が良いという人もいるでしょう。
それぞれの住宅に良さも悪さもあるので、それを踏まえた上で、自分が住む家を選べば良いと思います。
賃貸住宅に住んでいる人は非常に多く、一人暮らしの人もいれば、家族で住んでいる人もいると思います。
その際に、それぞれの家族構成やライフスタイルに合った家選びをする事によって、より自分の家を快適と感じる事が出来るでしょう。
やはり、自分が毎日住む家であれば、どこよりも快適でありたいものですよね。
一般的に不動産会社が扱っている賃貸住宅と言えば、大きく分けて4種類ある事をご存知でしょうか。
マンションか、一軒家かといった単純なものではなく、これらの種類は全く異なるカテゴリーという扱いになります。
それでは、賃貸住宅の種類を一から見て行きましょう。
一つ目は、自社物件です。
自社物件とは、不動産会社が所有している物件の事を意味します。
これらの物件の多くは、不動産会社か社長個人の名義になっているものが多いでしょう。
実は、自社物件に関しては、賃料なども全て、会社や社長のものとなるので、収益の面で考えると、一番強く借りてほしいと願う物件となります。
二つ目は、管理物件です。
管理物件とは、家主から管理を任されている物件の事です。
入居者に家を紹介し、斡旋する他、入居後のクレームやトラブルなども不動産会社が対応します。
三つ目は、オーナー物件です。
オーナー物件とは、どこの不動産会社にも管理を委託していない物件の事です。
しかし、入居の斡旋などは不動産会社が行う事になります。
四つ目は、他社物件です。
他社物件は、他の不動産会社が管理委託などを行っている物件の事を言います。
まとめると、上記で紹介した物件の種類の順番に不動産会社が借りてほしいと願っているという事になります。